ホットクック

【ホットクックレシピ】ベビーホタテの佃煮おいしい。煮詰め機能で完璧!お弁当にも!

ホットクックで作ったベビーホタテの佃煮

今回はホットクックでホタテの佃煮の作り方です。

ほたての佃煮は味が濃いので保存がきくし、冷たくてもおいしいのでお弁当に入れやすいおかずの1つです。よく作ります。

ホットクックで作るベビーホタテの佃煮

まずは材料です。

  • ベビーほたて 300g
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • しょうが(チューブ) 3cmくらい
  • 砂糖 小さじ1

材料を全部、内鍋に入れます。

ホットクックで作る前のベビーほたて

ホットクックにまぜ技ユニットを取り付けて、設定は

手動>煮物>1分です。

ホットクックの煮物1分にセットした画面

自動メニューの佃煮系でもいいと思いますが、照りを出したいので後で煮詰め機能を使って煮詰めるつもりなので、ここは1分と短くで構いません。

約12分後にできました。

こんな感じ。

ホットクックで作るベビーホタテの佃煮

こっから煮詰めていきます。

設定は手動>煮詰め>10分(適当)

ホットクックの煮詰め機能にセットした画面

ここの時間は結構適当です。このぐらいでいいなと思ったら自分で取り消しして停止させるので、まあ長めにセットしときます。

時々かき混ぜながら煮詰めていきます。ずっと混ぜ続けなくても大丈夫。多少忘れていても取り替えしつかないレベルに焦げたりもないです。

シリコンスプーンを使うのがおすすめです。

約10分(以下)煮詰めたのがこちら。完成です。

煮詰め機能で煮詰めているところ

ほたてを取った後のタレ。とろみ出てる~

煮詰め機能でとろみがついたタレ

なべ底も特に何もくっついたり焦げたりしていません。

全部お皿(保存容器)に入れて。3日くらいで食べます。冷たいまま食べてもおいしい!

ホットクックで作ったベビーホタテの佃煮

ほたての佃煮をホットクックで作るメリット

これをホットクックでやる良い所は、ほたてが縮まずふっくらすることです!

うちのコンロでやった場合と比べて、ホットクックで作った佃煮の方が格段に貝柱が柔らかく大きな状態で仕上がります。

それにホットクックの煮詰めはゆるやかで急激に煮詰まる心配もないので焦げたり辛くなりすぎる心配も少ない。

今回デメリットは特にありません!簡単、楽でおいしいです。