ホットクック

【レシピ】ホットクックで作るバターチキンカレー

ホットクックで作ったバターチキンカレー

ホットクックでバターチキンカレー作りました。

ホットクックを使わず作るのと基本的な作り方は一緒です。

水を入れないことと調味料をその分少なくすること以外は。

でもできあがりのチキンの柔らかさと手間は多分全然違います。おいしくて楽です。

ホットクックでバターチキンカレーの作り方

まず材料です。

  • 鶏もも肉 500g(☆)
  • ヨーグルト 200g(☆)
  • SBカレー缶 大さじ2(☆)
  • 玉ねぎ g みじん切り
  • トマト缶 1缶
  • バター 30g
  • 塩 小さじ1
  • ケチャップ 小さじ1
  • 中濃ソース 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • コンソメ 大さじ1
  • にんにくチューブ 5cm
  • しょうがチューブ 5cm
  • 生クリーム 100ml

まずは☆の材料を準備します。

ビニール袋に1口大に切った鶏もも肉とヨーグルト、カレー缶を入れて揉みこんでから冷蔵庫に入れてしばらく置きます。

ビニール袋に入れた鶏肉をヨーグルトに漬けこむ

もも肉は唐揚げ用にカットされた鶏肉を使えば楽です。

私は5時間以上~一晩置きます。長く漬けた方がやわらかくてしっとりしてる気がします。

バターチキンカレーを家庭で適当に作ろうと思うと、ヨーグルトが分離しやすいです。これを少しでも抑えたい場合におすすめのヨーグルトは「小岩井の生乳100%ヨーグルト」。

逆に、バターチキンカレーに向いてないのは低脂肪系のヨーグルトです。

漬け置きが終わったら他のすべての材料を内鍋に入れます。

ホットクックで作るバターチキンカレー

バターは有塩を使っているので塩は入れていません。足りなければ完成後に足せばいいのでとりあえず。

ヨーグルトに漬け置いた鶏肉は、ヨーグルトごと全部投入。

ホットクックで作るバターチキンカレー

生クリームも投入

ホットクックで作るバターチキンカレー

全部入れたらまぜ技ユニットをして

自動メニュー>無水カレーを選択して

スタートボタンを押すだけ。

完成~!

ホットクックで作ったバターチキンカレー

うちは子供(5歳)が食べるので、辛みをもっとマイルドにするため完成後に+100mlの生クリームを追加します。これでギリギリ食べてくれる。

ぱすてる
ぱすてる
SBの赤いカレー缶って結構スパイスきいてて辛いんだよね。おいしいけど子供にはほんと辛いと思う。

ホットクックで作ったバターチキンカレー

チキンがやわらかくてびっくりする。

脂身と皮が嫌いなので、予約調理にしたり追加加熱したりでわざと長めに調理するようにしてるのもあって、皮の食感一切感じません。だからって身が粉砕されてなくなってるわけでもない。

おすすめのナン

ご飯でもいいけどやっぱりナンがおすすめ。でも手作りなんて(私は)やってらんないので市販のを買って来ます。

市販のナン

ナンはスーパーでもだいたい置いてます。チルドとか冷凍があります。

うちの近所だと日本ハム「ナーン(5枚入り)」か、デルソーレ「手のばしナン(2枚or4枚入り)」の2商品がどこでも置いています。

これどっちも試しましたが、日本ハム5枚入りよりは断トツでデルソーレのナンがおすすめ。日本ハムのはペラペラで味が分かりにくいし、トースターで焼いたらパサつくし。ぶっちゃけおいしくない。

デルソーレの方はトースターで焼くと表面カリっと中もっちりでおいしいです。聞いたことないメーカーだったけど、デルソーレ。おいしいよ。

もちろんやりたい人はナンミックスとか、無印とかのキット使って作ってもいいよ…でもせっかくホットクックで手間いらずなんだから、空いた時間でナンを作るんじゃなくて私は休むよ…

子供(幼児)用のカレーについてもう少し。

もっと子供が食べやすい、完全な子供用を作るために、SBやハウスから甘口タイプのカレーパウダーを使ったことがあります。

まあ一応できなくはないですが…

あれってあくまでカレーじゃないもの(炒め物とか)にカレー味をつけるための調味料なので、塩がすごく多くてあんまり上手い感じにはできないです。

なのでSB赤缶カレーを使い大さじ1以下にして、甘口カレールーを少し足すか、極論ですが唐辛子を入れないでスパイスを1から自分でミックスして作るか…になりました。

ぱすてる
ぱすてる
SBさん赤缶カレー粉の唐辛子控えたやつ売ってくれないかなぁ…