ホットクック

【ホットクック】マルちゃん焼きそば3人前できるよ!作り方と出来上がりの感想

ホットクックで焼きそばの作り方

煮る、蒸す、ゆでるが得意なホットクックですが、なんと焼きそばもできます。

よくある安い焼きそば麺で、麺もちぎれず、なべ底にくっつかず、3人分ならホットクックでノータッチです。

ということで、この記事はホットクックで作る焼きそばの作り方です。

ホットクックを使った焼きそばの作り方

ホットクックで3~4人分の焼きそばの作り方です。

材料

焼きそば麺…3玉

好きな野菜…麺と同量程度

肉、魚介…適当に

焼きそば麺は、マルちゃんの3玉パックの安いやつで大丈夫です。

最初、麺が切れるんじゃないかと思って太麺の焼きそばを使ったりしてました。

でも太麺のやきそばが、その辺のスーパーどこでも売ってるわけじゃなかったので、どうせならどこでも買える、入手しやすいしその上値段も安い「マルちゃん」のやつでできたら嬉しいな…という思いで色々やってみました。

まずは、内鍋に野菜を入れます。

私がいつも野菜の量の目安にしているのは、麺と同程度の量(重さ)です。

マルちゃんの麺は3玉全部使うと150g×3=450gです。

なので450g程度の野菜を内鍋に入れます。

ホットクックで焼きそばの作り方

これ小さめキャベツ1/2も入ってます。他にも冷蔵庫にあった野菜炒め用のカット野菜を足しました。

ホットクックにしろホットプレートにしろ、焼きそばの野菜はたっぷりが好きです。というか大量に入れないとすごく小さくなって野菜消えますよね…。

ホットクック焼きそばではキャベツは大き目に切る

こんな風に、キャベツはかなり大きめざく切りがおすすめです。

次に麺をほぐしつつバラバラな感じに入れて添付の粉もまぶしてしまいます(調理用の薄手の手袋とかあると簡単)。

ホットクックで焼きそばの作り方。麺と粉はあらかじめほぐしてまぶす

もうこの時点で嵩がやばい…キャベツたちはぎゅうぎゅうに上から押し詰め込んだあとに麺を乗せましたw

最後に肉や魚介を投入します。

今回は肉がなかったので、シーフードミックスで。

ホットクックで焼きそばの作り方

実は今回は野菜を450gよりもだいぶ多めに(480g)入れてしまってるので、シーフードは控えめにしました。100gくらいです。

ホットクックで焼きそばの作り方

ま、焼きそばのメインは麺だからさ…いいんだよこれで!

いよいよ調理開始です。

ホットクックの設定を、手動→炒める→1分でスタート

ホットクックで焼きそばの作り方

あんなにいっぱい入れて混ぜられるのか毎度心配ではありますが。

スタートボタンを押してからちょうど20分で完成の音楽が鳴り、フタを開けただけの状態がこちら。

ホットクックで焼きそばの作り方

麺のチェックしまーす

ホットクックで作った焼きそばの麺はちぎれていない

切れてなーい!!

かるく混ぜてお皿に乗せたら完成。

ホットクックで焼きそばの作り方

キャベツの存在感がすごいでしょうwこんなにいらない!って人はまあ好みで調整してもらえれば…。

麺は弾力あるし、粉みたいにボソボソしたりブチブチ切れたりしないです。

あと味なんですが、多分このパッケージ通りの分量、器具、作り方でやったものよりは薄味です。でも思ってたより薄くない、私も子供もそのまま完食しました。ほんとに美味しいです。

普段から、ミールキットとかクックドゥとか使う時もだいたい何でもちょっと野菜多くしたりソース使う量少なくしたり、私は若干の薄味派なのでちょうどいいですが、物足りない人は最後にお好みソースを足して混ぜれば問題ないですね!

これだけの野菜と麺をホットプレートで炒めるにはかなり腕がだるくなるし、油も飛んで床ツルツルになっちゃうし、それと比べてかなり労力減の焼きそばが完成です。

最後は気になる鍋底のチェック!焼きそばを全部取った状態です。

ホットクックで焼きそばを作った後の鍋底。くっつかない。

はい!こびりついてない!すごい!(フッ素内鍋ではないのでツルツルとまではいきませんが)。側面の汚れはソースが渇いているだけで焦げとかではないです。

食べてる間、水に漬けておいたら難なくきれいに洗えました。

ちなみにホットクックユーザーは鍋底のおかずを掬い取るのにこんなシリコンスプーンが超絶便利です。私は無印良品のを使ってますが長さもちょうどよく使いやすいです。

焼きそば3玉と大量の野菜でも自動で混ぜてくれるし肩が疲れない、ホットプレート出さなくていい、部屋が暑くならない…

ぱすてる
ぱすてる
最高じゃないですか

ちなみに私が使ってるのは2.4Lの一番大きいホットクックです。

高くて躊躇したけど買う価値はめちゃくちゃありました。もはや炊飯器と並ぶかそれ以上の必需品レベルになりつつあります。