子育て

【レビュー】KUMON NEWくみくみスロープはピタゴラスイッチ好きにおすすめの知育おもちゃ

KUMONくみくみスロープのパッケージ

息子はEテレのピタゴラスイッチが好きで、録画したものを何度も何度も見ています。

そんな息子が最近楽しく遊んでいるのが、株式会社くもん出版から販売されている「NEWくみくみスロープ」です。

くもん NEWくみくみスロープ

NEWくみくみスロープは、様々な形のパーツを自由に組み合わせてボールが転がるコースを考えて作っていくおもちゃです。Eテレのピタゴラスイッチのような、ボールが転がるのを見るのが好きだった息子にぴったりだと思い購入しました。

KUMONくみくみスロープの内容部品一覧
KUMONくみくみスロープのパッケージ裏

傾斜やカーブなど様々な形状、こどもが親しみやすそうな原色カラフルな色使いのパーツが18種57個入っています。

KUMONくみくみスロープのボール

ボールは12個、一度にたくさん転がせます!ちょっとずっしり重みのある固いボールです。対象年齢3歳以上とはいえ、小さいので誤飲には注意なサイズ。

でもこれ絶対徐々になくなっていくやつ…というのは容易に想像ができますね。

ぱすてる
ぱすてる
購入半年くらい経ちましたが今マイナス1個です

実際にコースを作ってみる

付属の作例集にある、全57パーツを使った1番大きなコースを作ってみました。

KUMONくみくみスロープ組み立て完成

予想以上のサイズ感でした。大きい。大人の私1人で作って、所要時間15分。

コースの分岐やくるくる回るパーツがいっぱい、そこに12個もボールがあるので一気にたくさん転がすことができてすごく賑やか!

大人の私が見ても面白いので増量パーツを買ってもっと大きいの作りたいと思うぐらいです。

3歳はまだ複雑なコースを作るのは難しい

3歳10ヵ月現在の息子が作れるのは一直線のまっすぐでシンプルなコースや、複雑なパーツは使っても先が繋がっていなかったり、高低差が上手く活かせずボールが止まってしまうなど、まだまだ難しいみたいです。組み立てるのもレゴブロックよりはちょっと力がいります。

ですが、そういう難しいポイントがあるのもある意味この商品のいい所です。

期待できる効果は、

  • 手先の器用さを高める
  • 想像力と集中力を養う
  • ボールが転がるためのパーツの高低差や向きを考える力が身に付く
  • 自分で作ったコースでボールが転がった時の達成感を味わう

などです。遊びながら知育につながり、長く遊べるおもちゃです。

ぱすてる
ぱすてる
自分でコースから作れるようになったら息子もっと楽しいだろうなぁ

ピタゴラゴール1号と組み合わせると

息子が好きなピタゴラスイッチに近づけるため、ピタゴラゴール1号を組み合わせてみました。ボールが落ちると緑のフラッグが立ち上がり、あのメロディーが鳴るしくみです。

これは大ウケでしたね。何回も何回もボールを落としては旗を立てたがるので、あえて短めのコースです。

ぱすてる
ぱすてる
このゴールがあるだけでどんなコースでもピタゴラスイッチになる反則技が使えます

NEWくみくみスロープ関連商品の違い

くみくみスロープには数種類のパッケージがありますが、初めて買うなら基本はくみくみスロープと、くみくみスロープ たっぷり100の2種類だと思えばいいです。

この他のセットはボールも付いておらずそれ単体で遊べるものではありません。くみくみスロープもしくは、くみくみスロープ たっぷり100と組み合わせて遊ぶものになります。

商品名パーツ数ボール単体で遊べる
くみくみスロープ18種57パーツ12個
くみくみスロープたっぷり10031種100パーツ台座24個
くみくみスロープ ボリュームアップセット9種14パーツなし×
くみくみスロープ ジャンプ&大車輪セット12種16パーツなし×
くみくみスペアボール12個×
くみくみ「蓄光」スペアボール12個×

NEWくみくみスロープと、NEWくみくみスロープたっぷり100との違いは、パーツ数。それと台座が付いているかどうかです。 私は購入前どっちにするか結構迷ったんですが、いきなり100パーツも買って遊んでくれなかったら嫌だなと思い、少ない方に決めました。

これまで私たちが遊んでいて台座がほしいな…と思うことは今の所特にないです。ただもしかしたら100パーツセットの方だと完成形も巨大になるので安定感や補強のためにもほしくなるのかなと思います。

台座がほしいかどうかよりも、パーツ数がたくさんほしいかどうかで選ぶと良いのでは。

ぱすてる
ぱすてる
ちなみに我が家はたっぷり100を買えばよかったなと今は思ってます。息子がよく遊んでくれるのでパーツもっとほしい…

まとめ

  • KUMON NEWくみくみスロープは、3歳から6歳頃まで長く遊べる知育おもちゃ
  • 3歳のうちは親が組み立て⇒子供がボールを転がして遊ぶのがメイン
  • 自分で組み建てることで集中力、創造力、手先の器用さ、考える力を育む
  • ブロックやパズル系が好きと最初から分かってるなら台座付きの「たっぷり100」の購入がおすすめ
  • ピタゴラゴール1号と組み合わせると子供よろこぶ

ちなみに、3歳以下(1歳半ごろ~)のボール転がし系ならコロコロできる大きなブロックが、価格も内容も非常に良かったのでおすすめです。うちは1歳半からとてもよく遊んでいましたし、転がすためのパーツだけでなく普通のブロックパーツが多いので、見立て遊びのようなこともできます。