家事ラク・時短・便利

ソニッケアー エアーフロスからパナソニック ドルツ ジェットウォッシャー に乗り換えました

ドルツ ジェットウォッシャーの外箱

長年愛用していたフィリップスのソニッケア エアーフロスでしたが、最新モデルに替えて1年経たずに壊れてしまったことにショックを受け、今回はパナソニックに乗り換えしてみました。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツEW-DJ53について

パナソニック ドルツ ジェットウォッシャー

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツEW-DJ53

セット内容

ドルツジェットウォッシャーの中身
  • 本体 1台
  • 充電スタンド 1台
  • ACアダプター 1台
  • 超音波水流ノズル(EW0983-X) 1本
  • ポイント磨きノズル(EW0984-W) 1本

本体の中はほとんどが空洞で、全体がタンクになっています。

パナソニック ドルツ ジェットウォッシャーのタンクの底を外したところ

底がパカっと外れるので、使い終わりに乾燥もさせやすくカビが発生しにくい構造。これはとても良い。乾燥させやすさ大事。

水を入れる時はここ(底)からではなく、本体うしろの開口部から入れます。

ドルツジェットウォッシャーの給水口

充電スタンドに立てた状態。

充電スタンドに立てたパナソニックドルツジェットウォッシャー

うしろに2つの突起があるので2本までノズルを差しておくことができます。

今回同梱されている2種類のノズルは別売りでも買えますし、消耗品なのである程度の期間で交換が必要。

超音波流水ノズル(EW0983-X)の交換目安は約6ヵ月で、

ポイント磨きノズル(ew0984-W)は約3ヵ月です。

今2週間くらい使っていますが、個人的にはポイント磨きノズルはあまり使うことがないように思います。

ただ歯列矯正してる人にはとてもいいんじゃないかな。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツEW-DJ53を使った感想

これは、気持ちいいです。

歯医者さんでこういうのやったことあるような…

歯と歯の間も、歯ぐきも、表からも裏からも洗い流すことができる。

挟まった物もちゃんと取れるし。

今まで使っていたソニッケアーではできない、口の中を丸洗いしてる感じです。

使う順番は、歯磨きのあとにこれでやってます。

電動歯ブラシとの合わせ技で超ツルツルすっきりですよ。

(ちなみに電動歯ブラシはパナじゃなくフィリップスです…)

びっくりするのが、使って最初の3日間は歯茎から血がにじむ部分もありましたが、それ以降は全く大丈夫。歯ぐき強くなるの早い。

あとは良くない所をあげるなら…

音は結構うるさいです。

それと使い方に結構コツがいりますね。

ちょっと口を閉じて使わないと顔周りがびしょびしょになります。

だけど難しくはなく、洗面台にやや前かがみになり、口をすぼめてさえいれば全く平気。

まあうまくできなくても防水なので本体を濡らしても別にいいし、「濡らさないこと」を神経質に考えなくて大丈夫なんですけど(お風呂でもOK)。

パナソニック ジェットウォッシャー ドルツは据え置きタイプとハンディタイプあり

パナソニックの口腔洗浄器類はフィリップスにはない据え置き型が存在します。

今の最新型でハンディと据え置きの違いをざっくりまとめると、

ハンディタイプ(EW-DJ53)
  • コンパクト(と言ってもまあまあでかい)で、旅行などに持って行きやすい
  • 充電式、コードレスなので手軽
  • 水を入れるタンクは200ml
  • 水圧5段階調節
  • お風呂で使える防水設計


据え置きタイプ(EW-DJ73)
  • 水を入れるタンクは600ml
  • 防水ではない
  • コードにつないで使う必要がある
  • 水圧10段階調節

これだけ見ると、据え置き型を選ぶメリットはタンクの大きさくらいかなと。水圧調節もハンディの5段階より多いですが、実際こんなに細かく調整いらないです。

でもタンクはできれば大きい方がいいですね。現に私はハンディタイプで使用中、毎回途中で水がなくなって継ぎ足しする作業を挟んでいます。

しかし私は旅行にも持って行きたいし、充電式で何より防水仕様の物を探していたためハンディタイプのEW-DJ53を購入して良かったと思います。

【フィリップス】ソニッケアーエアーフロスと【パナソニック】ドルツ ジェットウォッシャーの違いは?

以前使っていたソニッケアー エアーフロスウルトラと大きく違う所は

スイッチを押すたびに出る単発のジェット噴射か(ソニッケアー エアーフロスウルトラ)、

一度スイッチを押したら止めるまでずっと出続ける超音波流水か(ドルツ ジェットウォッシャー)、

という所です。

あとは防水か否か。

私が実際に使ったフィリップス(HX8632/01)とパナソニック(EW-DJ53)で個人的な感想と性能の違いを表にします。

ソニッケアー エアーフロスウルトラドルツ ジェットウォッシャー
メーカーフィリップスパナソニック
水圧勢いが強く、挟まった物を取るのが得意勢いはそこまで感じないが、大量に水を流すことができるので挟まった物を取るには充分
動作音少し大きいけど一瞬結構大きい。夜子供が寝てる時だと気になる。
防水×
使いやすさ特に難しくは感じない。
歯並びがキレイですき間が全然ない所に使うと水が入る場所がなく上手く使えない。
大量の水を使うので、どこも濡れないように使うのは無理。必ず洗面台で前かがみになって使うこと。
こんな人におすすめフロスでないと取れないような場所に物がはさまりやすい人フロスの役割にプラスして歯ぐき全体(歯周ポケット)もケアしたい人
注意点水圧の強さ調節はできない

この2つのメーカーの口腔洗浄器は購入検討したときよく比較されると思いますが、実際使ってみると用途が違うんだなと分かりました。

ぱすてる
ぱすてる
フィリップスはフロス。

パナソニックは歯と歯の間や歯周ポケットケア+フロス

フィリップスの方は水圧がすごいので、歯ぐきに当てちゃうとかなり痛いです。あくまで歯と歯の間に。フロス、という役割が強い。

パナソニックは水圧調整で弱くすれば口の中どこでも流水を当てることができて、歯ぐきの健康増進、という役割も。それにプラスして水圧を強くすればフィリップスのように挟まった物を取ることもできてフロスの役割にもなる。

そして何と言ってもパナソニックは防水!!!

これが大きい。

口腔洗浄機なんて、ノズルだけじゃなく本体も多少濡れます。

やっぱり丸洗いしたいですよ。

この点は絶対的にパナソニックが優れています。

何年も長いこと使っていましたが、フィリップスが防水でないことはずっと不満でしたから。

この点が変わらない限り今のところは次買い換える時もパナソニックになりそうですね。