英語教育

高額教材を買う前に、我が家で使った安く気軽に始められる自宅英語

子供に英語をやらせてみたくて色々と探していると、魅力的ではあるものの高額な英語教材がたくさん見つかりました。

でも続くのか、効果あるかも心配なのに…いきなり何万、何十万も払える?

…いや無理。

我が家では最終的にはベネッセのワールドワイドキッズ(WKE)をおうち英語のメイン教材に決めて購入することになるのですが、最初は上記理由からもっと手軽に英語ができないかと色々考えていました。

この記事では、WKEを買う前に試した教材や息子の反応、WKEを買うと決めるに至った経緯などを書きたいと思います。

我が家で使った、安く気軽に始められる自宅英語

英語吹き替え版で子供向け作品を見せる

これは1番手軽な英語にふれるお試し方法です。テレビ放送の映画やアニメで英語切り替えができるものを見せます。吹き替えのある番組や作品って探してみると結構あります。

息子は電車が好きだったので、Eテレのきかんしゃトーマスを見る時だけは英語で見せていました。ストーリーなんてまだまだ日本語で見ても分からない時期なので、息子は特に言語を気にする様子はありません。すんなり見ていました。
その効果はというと、すぐに聞いたままの単語やエンディングなど歌い出すようになりました。
日本語のテレビを見ているのと変わらないです。印象的なCMはすぐに覚えたり歌ったり、そういうのと全く同じでしょう。

ぱすてる
ぱすてる
トーマス以外にも、ディズニー映画の地上波放送など、探してみると英語切り替えできる番組はたくさんあります。

ミッキーマウスクラブハウスのDVDを購入

ディズニージュニアで放送しているミッキーマウスクラブハウスという番組がありました。ミッキーたちが話すスピードはトーマスよりも早口ぎみですが、先ほども述べた通りストーリーの理解とかは関係ないので大丈夫です。目的は英語の音を聞かせるだけなんで。

そのミッキーマウスクラブハウスのDVDを2本買いました。

ミッキーマウスクラブハウスのDVD

日本語でも英語でも聞けます。それに、数字や色を覚えられそうな良いタイトルだと思ったから、買いました。

早口と感じるなセリフながらも、何度も出てくるフレーズや、息子にとって印象的な部分などは口に出すこともありました。まあ基本的には音楽に合わせて踊ったり(リズムをとってお尻を動かす程度)、じっと見ているのがほとんどです。

そして思惑通り色や数字は覚えました。これはほんと良かったDVD。

ぱすてる
ぱすてる
ゆくゆくはディズニーランドにも連れて行きたい、という思いもあったので、ミッキーを刷り込むのにも一役買ってくれました

タッチペン対応の英語図鑑を購入

無料アニメ、DVDの興味も成果もなんとなくいい感じだったので、もうちょっとお金をかけて旺文社の「ペンがおしゃべり!えいご絵じてん500」を購入しました。音声タッチペン付きの絵辞典、図鑑みたいなものです。

図鑑や絵本など、本への興味がすごくあった時期に渡したこともあって、ボロボロになるまで読み込んで使ってくれました。

この絵じてん、上は小学生まで視野に入れた教材ですが、「Baby&Kids」の文言があるとおり、1歳でも使えました。まだまだ器用ではない息子でも、その日のうちにペンを当てる⇒音声が出るという所は理解してくれて。そっからは早い早い!オウム返し大得意の息子はどんどん覚えて口に出して覚えていきました。

英語教材の体験版DVDを活用

これはもう次のステップに行こう!(ただし日本語、2語文がもう少し出始めてから)と思えたのもあって各種教材の無料体験版を見せました。体験版って子供の食いつきがいい場面の詰め込みでもあるので、結構使えました。

見せたのはディズニー英語システム、ワールドワイドキッズ(WKE)、こどもちゃれんじENGLISHです。無料体験版は他にも探せばいっぱいありますが、個人情報を渡してからのしつこさを考えるとあまりたくさん取り寄せようとは思えず。DWEはメルカリで300円で売ってるのを中古購入しましたし、 ベネッセへはすでに個人情報渡し済みなので心置きなく…笑

ぱすてる
ぱすてる
体験版、とても使えるんですがこれらのデメリットはその教材を買いたくなることです!!

「こどもちゃれんじぷち」の英語切り替えを使う

うちは1歳からこどもちゃれんじをやっていました。ベネッセの英語教材「こどもちゃれんじぷちEnglish」ではなく、幼児に生活習慣等をおしえてくれるノーマルの「こどもちゃれんじぷち」です。

実は「こどもちゃれんじぷち」は、5月号以降は全編英語切り替えができるんです。

1歳児向けのこどもちゃれんじが取り扱う内容って、かなり日常会話、実用的なやりとりが含まれているので親もすぐに実践して語りかけられるフレーズがたくさん学べる驚くほどお得な教材なのです。

親の声掛けと息子の答えるためのフレーズ、同時に覚えてくれました。本編の内容上、パターン固定の定型文にはなりますが、高度な会話をしない幼児レベルなら英語コミュニケーションを取るための手助けとしてはほんと有能。めっちゃ使えます。

残念ながらぷち以降(ぽけっと~)は部分切り替えでおまけ的にちょっと英語コンテンツが含まれるだけになるので、あくまで「こどもちゃれんじぷち」のみが良いのです。

ぱすてる
ぱすてる
こどもちゃれんじぷちは英語以外の観点から見ても本当にお得で絶対的におすすめ幼児教材

⇒公式HPでこどもちゃれんじぷち詳細を見る

まとめ

以上が、息子がやっていた自宅でのおためし英語です。

この時点でもう英語だろうと日本語だろうと関係なく楽しむ土台ができていたので、さっさとWKEをやろう!という考えに至りました。

最初は「なるべくお金をかけずに…」という所からの少しずつのスタートが逆に、息子に無理なく親しむことができる結果になってくれて良かったです。この後WKEを本格的に始めますが、DVDもCDもすんなり見て聞いて、どんどん吸収してくれました。

WKEを使って1年後の効果はこちらの記事にまとめています。