子育て

【比較】どっちを選べばいい?英語教材ワールドワイドキッズとこどもちゃれんじEnglishの違い

我が家ではベネッセの幼児向け英語教材ワールドワイドキッズ(以下WWK)を使っています。

これを購入する前にこどもちゃれんじEnglishとものすごく迷いました。同じ会社が販売する2つの英語教材ですが、その違いはどんな所なのか、またどういう子がどっちの教材に向いているのか考えてみました。

WWKとこどもちゃれんじEnglishはどっちを選べばいい?

WWKとこどもちゃれんじEnglishの違いざっくり比較表

Worldwide KidsこどもちゃれんじEnglish
対象年齢0~6歳 1~6歳
価格259,200円
※0歳Stage0からの場合。
1歳以上はStage1からで226,800円
1回あたり2,880円~(こどもちゃれんじ会員の場合)
通常会員は3,571円~
届く頻度一度に全部または定期的に分けるか選択可能2ヵ月ごとに1回
教材内容DVD・CD・絵本・おもちゃ・保護者向け冊子・タッチペン・スマホ向けアプリDVD・絵本・おもちゃ・保護者向け冊子・英語ワーク
語彙数約6,000語約2,000語
日本語の使用なし
オールイングリッシュ
日本語あり
到達点同年代のネイティブの子と英語でやり取りできる力がつく英語で自己紹介できる力がつく
入会金なしなし
オプションワークショップ(1回約50分/2,160円)。会場は首都圏中心オンラインレッスン(1回15分のレッスン/2ヵ月に3回まで。受講費2,916円)

対象年齢の違い

こどもちゃれんじEnglishは、1歳~6歳。ぷち、ぽけっと、ほっぷ、すてっぷ、じゃんぷまでの教材が年齢別にあります。

WWKは0歳~6歳です。0歳用のStage0と、1歳以上用のStage1~6です。

こどもちゃれんじEnglishには0歳向けがありません。0歳から始めたければWWK一択になります。

ぱすてる
ぱすてる
私個人的には0歳から高いお金を使ってやる意味はあまり見いだせずもったいないと考えるので、最初はお金がかからない所から始めてもいいのではと思っています

配送頻度の違い

こどもちゃれんじEnglishは、2ヵ月ごと、年6回教材が届きます

WWKは一括と定期お届けが選べます。定期を選ぶと2ヵ月ごとに1Stageずつ届き、1年かけてすべての教材が届き終わります。

WWKはたった1年で全てを使い切れるようなボリュームではありません。そのため親がペース配分や進め方をある程度考える必要が出てきます。そういったことが面倒なら、低ボリュームのこどもちゃれんじEnglishの方が親の負担は少なそうです。

価格

価格はこどもちゃれんじEnglishの方が断然お手軽、安くて始めやすいです。両者一括払いだと約2万と20万オーバーは違いすぎますね。価格が第一条件、重視するなら迷わずこどもちゃれんじEnglishです。

1回分(2ヵ月ごと)あたり2,880円~の価格は非常に経済面で気軽です。英語に興味があるか、うまくいくか分からず自信がない…という子に試してみるなら絶対こっちの方が安心です。WWKだと分割支払いにしても1回あたり4万前後にはなります。

ちなみにWWKにはショッピングクレジットという信販会社を利用した分割支払い方法で84回払いの月4,100円~もありますが、こちらは利息がかかって結果一括払いと比べて10万近く高くなるため絶対に損!おすすめしません。

ぷち~じゃんぷまで続けるならWWKもあり!?

WWKは一括や分割でも1年以内に約25万も支払わなくてはいけない。

そう考えると高いのですが、考え方を変えてみます。仮にこどもちゃれんじEnglishを6歳(じゃんぷ)までずっと続けるとすると、WWKとの総額はそんなに変わらなくなります。WWKの総額を0歳から小学校入学までの約5年半で割ると1ヶ月あたりの金額は、3,927円となります。

ぱすてる
ぱすてる
一度に出ていくお金は高額でも、そう考えるとそんなに高くない。内容と照らし合わせてみるとむしろ安いようにも思います。

教材内容の違い

日本語ありか、オールイングリッシュか

日本語が入るか、オールイングリッシュかでは全く違います。

どちらがいいかは子供の状況にもよると思います。

日本語と英語が混ざっていると、頭の中で「ゾウは英語で…」などの変換作業をすると思うのですが、オールイングリッシュの教材はそういった脳内での不必要な変換作業をすることなく、ありのままを吸収できます。なので、日本語がまだあまり身に付いていない低年齢の子の方が始めやすいように思います。

一方ある程度の日本語が身に付いている子であれば、日本語のアシストがあった方が効果的に働くこともあります。日本語が身に付いていると英語を聞いたときに「何を言っているのか分からない!日本語にして!」というストレスを感じて聞きたがらない、楽しめない可能性などがあり得ます。

日本語の発達に合わせて選択するのも1つではと思います。

レベルの違い

どちらも最後まで継続した場合の到達点はWWKの方が高いです。語彙数もWWKが約6,000語に対してこどもちゃれんじは約2,000語と少ないです。

ぱすてる
ぱすてる
ちなみに中学で習う語彙数は約1,200語なので、2,000語でも十分多いんですけど

我が家はこどもちゃれんじEnglishの方は受講していないのですが、案内パンフレット等のカリキュラム内容を見ると、スタート時点でこどもちゃれんじぷちEnglishよりWWKのStage1がすでに難しい内容になっています。

ただ続かない、楽しめないならあまり意味もないと思うので、レベルが高ければいい教材というわけではありません。

【追記】結局、WWK開始から2年後にこどもちゃれんじEnglishも始めました!詳細は別記事に書きました

オールイングリッシュでもストレスなく楽しめるようならWWKがおすすめですが、スモールステップで、まずは簡単なあいさつから!のような気軽さを求めるならこどもちゃれんじEnglishがおすすめです。

ぱすてる
ぱすてる
幼児期の日常会話で実際に使えるやりとり、フレーズならこどもちゃれんじEnglishの方が簡単に多く学べそうです。英語が苦手な親も使えそうな所は魅力です

しまじろうが登場するかしないか

子供の目で見て、WWKとこどもちゃれんじEnglishにある1番大きな違いはしまじろうが出てくるかどうかではないでしょうか。キャラクターの力ってとても大きいので、すでにしまじろうが好き!といった子なら断然こちらの方が魅力的でしょう。

ちなみにWWKにも4人のメインキャラクターがいます。外国っぽいような日本ぽくないような…、日本人でもそんなに抵抗のないデザインのキャラクターだと思います。教材を進めていくと個性もしっかりあってそれぞれ可愛くて、かなり早い段階で気に入りました。

それぞれに向いている人はこんな親子

私が思う、それぞれの教材に向いているタイプを分けました。

☆こどもちゃれんじEnglishに向いているタイプ

  • すでにこどもちゃれんじの会員になっている(会員価格で購入できる)
  • 続けられるか心配、お試し程度に一度少しやってみたい(最小単位の2回分購入してみる)
  • しまじろうが好き
  • 目先の支払額は安い方が良い
  • 親が英語が苦手でアウトプットの環境づくりが難しい
  • 複雑な会話ができるまでは求めない

☆ワールドワイドキッズに向いているタイプ

  • オールイングリッシュで本格的な教材がほしい
  • 到達点は高い方が良い(親や身近な人のアウトプット環境作りは必要)
  • 子供はあまり好まなそうな実写の映像も多いので、見てもらうためには飽きさせない・興味を持たせる工夫ができる人
  • おもちゃがままごと的なコミュニケーション重視で遊ぶものが多いので、一緒に遊んでやるなど時間を作ることができる人
  • 親の英語力が高い

まとめ

  • 安い、簡単、スモールステップで取り組みやすいのがこどもちゃれんじEnglish。
  • 高い、ハイレベル、ネイティブの会話や世界の文化にたくさん触れられる、一方でその英語を身につけるには親の負担や努力も必要と思われるのがWWK。

うちは今の所WWK1本でうまくいっています。が…最初は良かったんですが、子供の英語力と理解力がどんどん高くなってきて、私自身は今苦しい状況です。本来ならもっと伸ばしてやれそうな所をアウトプット不足で機会を損失していると感じます。勉強しないともったいないです。そしてそれだけハイレベルで効果がある教材ということでもあります…いい教材です。

どうしても迷うなら、まず最安単位でこどもちゃれんじEnglish、様子を見て英語に抵抗なさそう・ハイレベルを目指すなら早めにWWK(他の本格的な教材でも)に切り替えたり、同時並行して不必要と思えるようになったらこどもちゃれんじEnglishは退会、というのもいいかもしれないです(お金かかるけど…)。

⇒【公式】こどもちゃれんじEnglishの詳細を見る

⇒【公式】ワールドワイドキッズの詳細を見る

特にWWKは高額なので、いきなり入会よりはまず公式サイトで資料請求してみると良いと思います。こどもちゃれんじEnglishも無料サンプルはあります。

ぱすてる
ぱすてる
同じ会社でも住み分けがよくできているのと、やっぱりしまじろうは強いので、最近同時並行もいいんじゃないかと私は思い始めている事実がここにあります…

はい!ということで2年以上悩んでこどもちゃれんじEnglishやっぱり受講してみました。思った通り、これはこれで違う良さが多いので感想はこちらの記事にまとめました!