ホットクック

【ホットクックレシピ】今後オクラはホットクックでしか茹でたくないと思った

買ってきたオクラ

ホットクックで野菜を茹でます。

今回はオクラです。

野菜茹での中でも特にオクラはホットクックを使うのがおすすめなものの1つです。

ホットクックでオクラの茹で方(蒸し方)

ホットクックで茹でる、と書きましたが、実際に使うメニューは手動の「蒸す」です。以下に作り方を説明します。

買ってきたオクラです。だいたい2パック一気に調理して、今日のおかず用と残りは冷凍保存します。

買ってきたオクラ

まずは内鍋に100mlくらい水を入れて、その上に蒸し板を敷きます。

ホットクックの蒸し板

蒸し板の上に適当にオクラを並べます。

蒸しあがったオクラ

設定は手動>蒸す>3分です(我が家のホットクックは2.4L)

オクラ茹では蒸す3分に設定

ちょっと固めが好みでこの時間です。柔らかいのが良ければもう少し追加するか最初から4分~にしてもいいでしょう。

完成!退色もなく鮮やかな緑色です。時間がたってもこのままです。

ホットクックの蒸し板にオクラを置く

使い切らない分は、ペーパータオルで水気を切っておいて、小さく切ったり大きなままだったり目的に合わせた状態にしてジップロックで冷凍してます。

オクラの茹で方は結構難しい

茹でたオクラをキッチンペーパーで水気を切る

私はオクラをお湯で茹でるのって結構難しいと思っていました。

自分で茹でると、

プカプカ浮いてきてコロコロ転がしながら茹でないと均一に茹でられない。

固いのが好みの自分としてはちょっとでも茹ですぎた柔らかさがすごく残念。

破裂して穴が開いたり中にお湯が入って栄養や旨味がたくさん流れてしまったり。

でもこういうの全部ホットクック蒸しなら解決されました。

水に栄養素が流出することもない、

大量のお湯いらない、

室温湿度上がらず蒸し暑くならない、

放置で何も見てなくていい

ぱすてる
ぱすてる
なのにホットクックなら手放しで失敗しないの!

とメリットが多いです。もうオクラはホットクックでしか茹でたくないな。